ETF

投資

【投信】ツミレバに挑戦!〜レバレッジNASDAQ100(レバナス)を毎日500円積立〜

レバレッジ投資信託の解説記事です。レバレッジ投信というと値動きが大きくリスクが非常に高いように思えますが、毎日少額積立する方法ツミレバを用いることでローコスト&ミドルリスクで運用することが可能です。レバレッジ投信は下落に弱いだけではなくヨコヨコ相場のように値動きの乏しい状況でも減価する性質があります。そのため短期運用向けに思われることが多い商品ですが、長期的に右肩上がりのNASDAQ100に連動するファンドを積立すればその上昇率の恩恵を受けることができますし毎日積立を行うことで下落した際もドルコスト平均法のパフォーマンスを十分に活かすことができます。本記事ではiFreeレバレッジNASDAQ100を毎日少額でツミレバする方法を解説し、そのメリットデメリットについても紹介します。
投資

マネックス証券の端株サービス ferci(フェルシー)を解説〜ネオモバと併用する手数料節約テクニック〜

ferci(フェルシー)はマネックス証券がマネックス証券が提供する端株(単元未満株)サービス、ワン株の売買ができるアプリで買付手数料が無料になりました。マネックス証券は移管出庫手数料も無料であるため端株を無料で積立を行い他社へ無料で移管出庫することができます。買付手数料と移管出庫手数料が無料なのはSBIネオモバイル証券しか存在しませんでしたが、マネックス証券のワン株が対応したことでネオモバイル証券と交互に使用することで積立を途切れることなく継続しながら他者へ移管出庫することが可能になりました。移管先の証券会社では代用有価証券制度を使うことで株をFXの資金として代用し手動トラリピを行えば資金を効率的に運用することが可能になります。この記事ではワン株を売買アプリferci(フェルシー)のメリットデメリットについて解説してます。
投資

【盲点】今こそ楽天証券を紹介〜積立&ポイ活派のメリット解説〜

楽天証券の紹介は今更な気もしますが、盲点になっていそうなメリットを解説しています。楽天証券でつみたてNISAをクレジットカードで積立してポイントを投資に充てている方がほとんどかと思いますが、使用ポイントを1ポイントに絞ることで楽天クレジットカードの還元ポイントを最大限獲得することができるだけではなく、楽天SPUの条件を達成することができます。また楽天ポイントは買い物や投資に使うのではなくポイント運用に使うことで非課税で投資ができるため、つみたてNISAのように運用することが可能です。楽天ポイント運用の対象銘柄は楽天・インデックス・バランス・ファンド(株式重視型)、楽天・インデックス・バランス・ファンド(債権重視型)が運用可能で右肩上がりのファンドに連動します。また楽天証券の株はいちにち定額コースに設定することで手数料無料で買い付けが可能です。積立投資でETFを頻繁に買う場合はコストの削減になります。また楽天証券から株式の移管出庫は無料で行えるため代用有価証券制度を使った投資の補助に使う点でもメリットになります。楽天証券はポイントサイトのライフメディアから開設するとお得なキャンペーンがあるので本記事で特に取り上げて紹介してます。
バックテスト

【2021年版】代用有価証券 × 0円 ユーロ円売りトラリピ〜米国株 中国株 インド株〜

代用有価証券制度を利用した投資法を再度紹介します。以前は、S&P500、ナスダック(NASDAQ)、ダウに連動するETFの積立を行なっていましたが、米国株オンリーの積立だけだと少し不安になってきたことや、より安定した分散を行いたいと思い2559) MAXIS 全世界株(オールカントリー)上場投信、(1322) 上場インデックスファンド中国A株(パンダ),(1678) NEXT FUNDS インド株式指数・Nifty 50連動型上場投信を積立に加えました。本記事ではこれらETFの積立バックテスト及び代用株を使ったユーロ円売りトラリピのバックテストを公開しています。グーグルスプレッドシートで株の積立シュミレーションしています。
投資

【トライオート ETF】金融株トリプル(FAS,金トリ)でTQQQ(ナスダック100トリプル)をリスクヘッジ

インヴァスト証券のTQQQ(ナスダック100トリプル)が大人気ですが、米国の長期金利の上昇により株価の下落が懸念されています。長期金利の上昇はハイテク銘柄などのグロース株にとっては株価下落に働きますが、金融株などのバリュー株にとっては株価上昇のチャンスになります。そこで本記事ではトライオートETFで運用が可能な金融株トリプル(FAS,金トリ)の解説および設定方法を紹介しTQQQ(ナスダック100トリプル)とのダブル運用を提案します。また金融株特有の下落リスクに対応する方法を紹介しています。
バックテスト

株(ETF)積立バックテストツール公開〜グーグルスプレッドシートでバックテスト〜

株やETFなどを積立した場合、どの程度のリターンが望めるかバックテストできるgoogleで提供しているグーグルスプレッドシートによるツールを公開しました。株やETFは口数単位で購入するため本ツールでは口数単位の積立に対応させたバックテストツールになっています。別の記事ではドルコスト平均法を使った金額指定の積立に対応したツールを公開しています。最北投資ブログでは口数指定積立、金額指定積立両方バックテストツールを公開しており検証することが可能です。
バックテスト

S&P500【1655,2558】,ナスダック【1545,2568】 & ユーロ円トラリピ〜ETF積立で代用有価証券のバックテスト 〜

S&P500に連動するETF【1655,2558】やナスダック(NASDAQ)【1545,2568】を積立している方はたくさんいます。かくいう自分も米国株に連動するETFを毎月積立していますが、代用有価証券制度を使って積み立てたETFを代用し、株でユーロ円売りトラリピを運用することで利益率を上げています。代用有価証券制度を使った株の積立とトラリピは相性が良く効率の良い運用ですが、実際にどの程度のリターン率が見込めるのかを確認したかったためETFの積立シュミレーションとトラリピのバックテスト を組み合わせた代用有価証券制度のリターン率を解説してみました。本記事ではグーグルスプレッドシート によるETFの積立シュミレーションツールを公開し、

【株移管編】ポイ活で株を買い、代用有価証券制度でFXをする!

株を購入する際の手数料について考察、ネオモバイル証券、LINE証券、日興フロッギー証券ではポイントで端株(単元未満株)を集め、auカブコム 証券ではフリーETFを積極的に購入し手数料を極力抑えながら株を集める方法を解説しています。また、集めた端株はカブコム証券へ移管若しくは買い替えする方法を公開、そのメリットとデメリットに触れています。

【株購入編】ポイ活で株を買い、代用有価証券制度でFXをする!

ポイント投資の方法を徹底解説。ネオモバイル証券、日興フロッギー証券、ライン証券で端株(単元未満株)を購入、楽天銀行配当金受取プログラムを組み合わせることで利回りを上げる方法、S&P500連動ETFを積み立てることでドルコスト平均法を使ったポイント投資術を解説してます。また株管理ツールや代用有価証券制度を使ったFXについても紹介してます。

2月実績〜投資リスクはポイ活でリスクヘッッジ〜

2月の投資およびポイ活の実績を公開、今月の結果はトータルで10万円を超えました。また、ポイ活が投資の実績を圧倒的に上回っておりポイ活が投資のリスクヘッジとして機能しました。最北投資ブログでは元本0円で始める資産運用としてポイ活を合わせた投資術を解説してます。
タイトルとURLをコピーしました