CFD

【危険】恐怖指数VIXで損切り!〜米国VIの価格調整額を徹底解説〜

恐怖指数として有名なVIXの価格調整額について解説してます。GMOクリック証券のCFD銘柄、米国VIはショック相場において長期に渡って価格調整額による損失リスクがあり注意する必要があります。米国VIは先物なので期日になると値洗い(ロールオーバー)が行われます。期先レートに合わせて期近レートの価格の調整が行われ、強制的に確定損失が発生することがあり、管理人もコロナショックの際に高額な損失を経験しました。本記事ではその事例を元にVIX投資のリスクについて詳細に解説しています。
投資

【リスク管理】HACCPシステム〜危害分析重要管理点〜

食品製造におけるリスク管理法ハサップ(HACCP)について解説、北海道では既にハサップ管理を行っている製造業は多いですが、東京オリンピックに向け制度化されることや、ウイルスなどの微生物制御にも応用できることから本記事ではHACCPについて詳細に解説しました。危害分析(HA)や重要管理点(CCP)などの用語解説及びHACCPプランの作成方法について記述しています。また本記事では作成後の検証の仕組みや作業手順書、記録の重要性についても解説してます。

2月実績〜投資リスクはポイ活でリスクヘッッジ〜

2月の投資およびポイ活の実績を公開、今月の結果はトータルで10万円を超えました。また、ポイ活が投資の実績を圧倒的に上回っておりポイ活が投資のリスクヘッジとして機能しました。最北投資ブログでは元本0円で始める資産運用としてポイ活を合わせた投資術を解説してます。
FX

【日本初】手動トラリピの運用をリアルタイム公開〜カナダドル編〜

手動トラリピの運用をグーグルスプレッドシート を使ってリアルタイムに実況公開します。トラリピの運用をリアルタイムに公開するのは日本初の取り組み、さらに本記事ではカナダドルの設定や最新のトラリピ管理ツールも解説してます。トラリピ管理ツールのテンプレートリンクもあり無料公開中です。
ポイ活

【ローリスク】ラインスマート投資〜手数料計算ツール付き〜

ラインワンコイン投資で運用しながら、毎週ポイントももらう方法を公開、そのリスクについても徹底解説しています!また日本初、手数料計算ツールを公開し運用コストがどのくらいかかるかも検証しています!
FX

【徹底解説】手動トラリピ管理ツールの使い方-グーグルスプレッドシートでトラリピを極限まで使い倒す!-

手動トラリピをグーグル(Google)スプレッドシートで管理するツールを公開したので、本記事ではその使い方を解説します。このツールを使えば手動トラリピが苦手とする資金管理やポジション状況が一目で把握可能です。特にマネースクエアの運用試算表の機能をさらに向上させロスカットレートから必要な資金を算出することが可能、またGoogle Finance(グーグルファイナンス)関数によりレート等の必要な情報をリアルタイムに取得し自動計算します。
実績

【最北投資】1月実績は投資&ポイ活で5万円を超える!〜トラリピが少なめの結果に〜

2019年1月の投資とポイ活の実績は5万円を超えました。個人的には手動トラリピの利益がもう少し欲しかったところですが、運用を開始したばかりということもあってポジションが少ないということが理由として考えられます。また、ポイ活の方はPexによるポイント運用、ネオモバイル証券でのポイント投資、ラインスマート投資などのポイ活も始めました。楽天以外のポイ活も始めることで実績を充実させる予定です。
FX

【無料公開】手動トラリピ管理ツールの導入と使い方〜Google スプレッドシートでFXのポジション管理〜

手動トラリピは発注やポジションの状況を全て自己管理する必要がありその煩雑さがデメリットでもあります。そこでマネースクエアやトライオートFXのようなアプリ機能をGoogle社が提供するグーグルスプレッドシートで再現し無料公開しました。このアプリを導入するとトラリピで面倒なポジション管理も簡単に行うことができます。スマホからでも利用できるので外出中でもトラリピの発注管理が簡単にできます。
ポイ活

楽天レシピで節約しながらポイ活する

自炊は節約になりますが、楽天レシピを使ってポイ活することで楽しく、お得に節約ができます!貯まったポイントで材料を買っても良いですね!
FX

【必勝】手動トラリピで運用したいおすすめ通貨ペアを紹介!〜ポイントは高低差、総推移、価格帯〜

トラリピで通貨ペアを選ぶ際の判断基準を紹介します。トラリピではチャートのレンジ高低差、現在の価格帯、動きの激しさを表す総推移などの観点からトラリピに適した通貨ペアを選択すると良いです!本記事ではおすすめの通貨ペアとしてカナダドルを推奨しており、その理由を詳細に解説します。
タイトルとURLをコピーしました